涙がとめどなく溢れてくるの


体の底から湧き上がってくるの


だってね人はほんとうは優しくて心あたたかいものだと知ったから


人から溢れるピュアなものが私の心にそっと触れたから


どうせひとりぼっちだと思ってた


ひとりで生きていくものだと思ってた


だけど違ってた


ひとりぼっちなときなどなかった


ひとりで生きてきたことなどなかった


この世界に生まれてきたときから人に支えられて


人とともに歩いてきた


ほんとうはどこかでそのことを知ってたけど知らないふりしてた


傷つくのが怖かったから


だからひとりぼっちを選んでた




だけどもう認めるよ


「人」を通して

ほんとうの自分自身を

知ることができるんだって


「人」を通して

ほんとうの喜びや幸せを

感じることができるんだって


「人」は

ほんとうにほんとうに優しくて

心あたたかいものなんだって


どんなにあがいたってそれは真実だから




もうひとりぼっちを選ぶのはやめるよ


素直に人と手をつないで生きていこうと思う


人ってただただ素晴らしい… 


 ありがとう…