『 わたしへ 』


いつも私のためにこれでもかってくらい一生懸命生きてくれてありがとう


もう他の誰かにならなくていいんだよ


私は私であればいい


不器用な私であってもいい


完ぺきじゃない私であってもいい


うまくできない私であってもいい


弱音を吐いてしまう私であってもいい


現実から目を背けたくなる私であってもいい


最高に泣き虫な私であってもいい


ときどきとんでもなく哀しみに包まれる私であってもいい


失敗してしまう私であってもいい


何度も失敗を繰り返してしまう私であってもいい


元気じゃない私であってもいい


笑顔になれない私であってもいい


すぐに落ち込んじゃう私であってもいい 


心の落とし穴にハマって泥だらけになってしまう私であってもいい


前へ進めない私であってもいい


カンカンに怒りたくても怒れない私であってもいい


光に目を向けられない私であってもいい


暗闇に包まれてしまう私であってもいい


不安で不安で仕方なくなってしまう私であってもいい


自分自身を客観視できなくなる私であってもいい


自分さえ我慢すればいいんだと思ってしまう私であってもいい


自分の伝えたいことをうまく伝えられない私であってもいい


自分を信じることができなくなってしまう私であってもいい


自分を認めることができなくなってしまう私であってもいい


自分に優しくすることができなくなってしまう私であってもいい


自分を許すことができなくなってしまう私であってもいい


自分を愛することができなくなってしまう私であってもいい


すべては良くなるために起きているなんて思えなくなる私であってもいい


自分のことだけで精一杯で周りが見えなくなってしまう私であってもいい


ネガティブにひたってしまう私であってもいい


失敗をして怒られてしまう私であってもいい


自分を犠牲にしてしまう私であってもいい


目の前のすべてが嫌になってしまう私であってもいい


理想の自分とかけ離れている私であってもいい


泪がとまらなくなってしまう私であってもいい


人の評価に傷ついてしまう私であってもいい


コノヤロー!!って思ってしまう私であってもいい


自分にありがとうって言えなくなる私であってもいい


自分自身に対して矛盾している私であってもいい 


すべてなにもかもを捨ててしまいたくなる私であってもいい


生きることに疲れてしまう私であってもいい


迷惑をかけてしまう私であってもいい


常に全力疾走してしんどくなってしまう私であってもいい 


心の糸をピンピンに張った状態のギリギリの私であってもいい


余裕がない私であってもいい


途中で諦めてしまいそうになる私であってもいい 


完ぺきじゃなくていいとか言っておきながら気づけば自分に完ぺきを求めてしまっている私であってもいい



いいよ


いいからね


全部ぜーんぶそれでいいんだよ




「 がむしゃらに私を生きているわたしより 」







確かにあの頃の私はそうだったね


色んな色の私がいてくれたから


今はこれでもかってくらい心から幸せを感じることができるよ


色んな色の私は今の私や毎日を確実に笑顔にしてくれているよ


ほんとうにほんとうにありがとう!!!!


だからね


今までも


これからも


どんな私であっても


いいよ


いいからね


全部ぜーんぶそれでいいんだよ




『 今までの私に心から感謝しているわたしより 』