この世界のきらめき


そっと心に耳をすましてみれば


この世界の鼓動がきらめきとなって聴こえてくるよ


あったかくてとっても優しくてね


今は忘れてしまっていても


本当はみんなが生まれる前から知っている懐かしい音色だよ


陰や陽


裏や表があるように


物事は対になって存在しているけれど


この世界のきらめきに触れることができたとき


思い出せることがあるよ


それは


愛の対はどんなときだって

愛だったんだってことだよ